医療 介護について

医療と介護の連携と利用者への提案

歯科による居宅療養管理指導は、歯科医師が行う医学管理上の指導と、歯科衛生士がおこなう口腔ケアなどにかかわる実施指導があり、ケアプランとは独立した介護サービスで、支給限度額にかかわらず利用が可能です。
指導の実施状況はケアマネージャーに報告されます。
歯科による居宅療養管理指導を提供する場合、訪問できる歯科が限られていることが壁になります。
歯科医院は個人経営が多いため、外来診療をメインにした場合、在宅医療をおこなうのが難しいのが現実です。
次に、訪問歯科は医療保険の利用が前提となるため、費用に対する不安が挙げられますので、事前におおよその値段を確認することが必要になります。
また、口腔ケアに対する理解がまだ浸透していないことも多く、日常的な歯ブラシと思われていて、口腔機能の維持、向上と肺炎予防のかなめとしてのプロフェッショナルケアが理解されていません。
地域には訪問医療のチームに加わりサービスを抵抗する体制もととのってきていますのでケアマネージャーとして地域の財産として共有し利用者に提案することも大事です。

Copyright(c) 医療 介護 All Rights Reserved.