banner

医療 介護について

介護施設でのコミュニケーション

banner 介護施設の利用者とのコミュニケーションは頻繁にあります。
レクリレーションするとき、食事するとき、お手洗いへ誘導するとき、ベッドへ臥床するときなど日常生活の中でたくさんあります。
 感情の語彙を分類してみてると、幸福感や満足感、疎外感や不快感、寂しさ、混乱や当惑、憂鬱や悲しみ、落胆、怒り、気遣いや愛情を表す言葉をベースとして今出会っている利用者がどのような感情をもっているか想像することができて、状況に応じて対応して信頼感を増すようになってくるのです。
これにより利用者の話に一生懸命こころを傾けて聞いてみると、意思疎通が曖昧な相手でもどうしたいのか何となく理解してくるようになってきます。
医療の現場では感情を表す言葉をたくさん持っていれば、利用者の感情により近い表現で伝えることが出来ます。
また、医療や介護はもちろん一般的に他者と会話しているときに話すことよりも、聴くことの方を重視した方が相手の印象を良くする傾向があります。

消費者金融のキャッシング比較

結婚相談所 京都

2ch 削除

クレジットカード 現金化

伊丹 塾

Copyright(c) 医療 介護 All Rights Reserved.